Acoustic Room録音方法

今回はAcoustic Roomに常設されているCDレコーダー(パイオニアPDR-D50)での録音方法を掲載します。
rec001.jpg
当スタジオ内のリハーサル時の録音方法はスタジオ内に常設している集音用のマイクで部屋内の音をエアー録音する形を取っています。経路としては集音用マイク→マイクプリアンプ(AUDIO-TECHNICA AT-MA2
)→CD-Rデッキと配線されています。また、再生も録音も同じデッキを使用しておりますので、録音時にミキサーの再生ボリュームが上がってしまっているとハウリングを起こしてしまいますのでご注意下さい!

まずは音を出してみて、先日の記事で紹介したAUDIO TECHNICAのマイクプリアンプのPEAKランプが赤になりっぱなしになっていると音が割れてしまいますので、隣のGAINつまみで赤にならないように調整します。
↓この状態だと音が割れてしまいますのでご注意下さい!↓
rec002.jpg

マイクプリアンプのGAINを調整したら、CD-Rを挿入(本デッキはデータ用CD-Rを認識しませんので、必ず音楽用CD-Rをお使い下さい)し、入力がアナログになっているか確認します。*液晶左部が"ANALOG"となっていればOKです。もしなっていなかったら液晶左の"INPUT SELECTOR"ボタンで"ANALOG"に合わせて下さい。
rec003.jpg

RECORDボタンを一度押すと録音待機状態になり、液晶レベルメーターが振れますので、ANALOG REC LEVELつまみでメーターが振り切れない程度に調節します。
rec004.jpg

rec005.jpg

rec006.jpg

ここまで来たらいよいよ録音開始です。再生ボタンを押すと録音がスタートします。
rec007.jpg

一通り録音が終わったら、ファイナライズ処理をしないと他のデッキで再生ができませんので、本体左側の"FINALIZE"ボタンを押します。
rec008.jpg

液晶画面に写真のような"TOC X:XX"という表示が出ますので、再生ボタンを押すとファイナライズ処理がスタートします。
rec009.jpg

rec010.jpg
ファイナライズが完了したら他デッキでも再生が可能になりCD-Rへの書き込みは完了です!
やってみて何かご不明な点がありましたらお気軽にスタッフまでお問い合わせ下さい!

h4.jpg
またZOOMのハンディーレコーダーH4も好評貸出中です!録音後受付でCD-Rに焼くサービスも行っております。
こちらもなかなか良い音で録れますので、是非使ってみて下さい!



Post a comment

Private comment

プロフィール

シブヤ楽器店スタジオ

Author:シブヤ楽器店スタジオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR