AUDIO-TECHNICA AT-MA2

以前よりお客様から「Aスタジオの録音の調子が悪い」というご指摘を頂いており、
チェックしてみたところデッキ自体は問題無かったのですが、
マイクプリアンプのアダプターが半断線しており、電源が点いたり点かなかったりという状態でした。
atma2_1.jpg
アダプターを交換し、ついでに電源周りもミキサー、デッキ類を楽器類と別にしてすっきりさせました。
atma2_3.jpg
これで問題無く録音できると思います!
*Aスタジオの録音用CDデッキは音楽用CD-Rのみ対応しており、
データ用ですと対応できませんのでご注意下さい。
atma2_4.jpg
何か些細な事でもお気付きの点がございましたら、スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい!

YAMAHA PACIFICA②

先日弦交換をしたギターですが、調整をしていたらセンターのピックアップの音が出ない事が判明!
中を開けてみたところ、ピックアップのマグネットが外れてしまっている状態でした。
pacifica1.jpg
元々は蝋付けでマグネットが取り付いていたようで、なかなか修理をするのも難しい為、
FENDER TEXAS SPECIALに交換しました。
pacifica2.jpg
なるほど交換してみるとやはりストラトのトーンでした!
pacifica3.jpg

YAMAHA PACIFICA

スタジオレンタル用エレキギターYAMAHA PACIFICAの弦交換、調整を行いました!
pacifica.jpg

FENDER SUPER REVERB

昨日に引き続き428studioのFENDER SUPER REVERB(こちらも1966年製の本物です!)
にも100V電源→117Vに昇圧するステップアップトランスを取り付けしました。

まずはこちらも長い間直置きだったので、キャスターを取り付けました。
superreverb1.jpg
ステップアップトランスはエレハモEHU600です。
superreverb3.jpg
superreverb2.jpg
更に音も良くなり、ライブでも実力を発揮してくれる事と思います!
superreverb4.jpg

FENDER TWIN REVERB

A StudioのFENDER TWIN REVERB(1966年製、本物のブラックフェイスです!)
はアメリカの電源仕様117Vになっており、勿論国内の100V電源でも問題無く使えるのですが、
やはり音の張り、艶が117Vで使用した方がこのアンプの場合格段にアップする為、
スタジオでも常に昇圧して使えるよう、ステップアップトランスをキャビネット内に取り付けました。
twinreverb1.jpg
ステップアップトランスはElectro-HarmonixのEHU600、1Fの店舗で使用している物と同じです。
twinreverb2.jpg
取り付け位置はこんな感じです。
twinreverb3.jpg
ついでにキャスターも取り付け、可搬性もだいぶ良くなりました。
twinreverb4.jpg
レコーディングなどでは直置きの方がローを拾えるという部分で良いのですが、
キャスターにする事によってリハーサル時の音抜けも良くなっていると思います!
twinreverb5.jpg
本日の夜只今Aスタジオは空いておりますので、是非使ってみて下さい!

プロフィール

シブヤ楽器店スタジオ

Author:シブヤ楽器店スタジオ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR